*

Al Jarreau – My Old Friend : Celebrating George Duke (2014)

公開日: : 最終更新日:2014/08/04 High Resolution, R&B-M

★★★★☆ カメラ目線ではなく、遠くを見つめて「どうして逝ってしまったんだよ、ジョージ・・・」的な、少し淋しそうなアル・ジャロウの表情が印象に残るジャケットです。アル・ジャロウはグラミー賞を5回も受賞している大ベテランの R & B シンガーです。アルバムタイトルの「 My Old Friend 」とは、サンフランシスコ音楽院の在学中に一緒にクラブで演奏していた。学生時代からの友人 George Duke(ジョージ・デューク:2013年8月5日に67歳で他界)です。彼と親しかったStanley Clarke(スタンリー・クラーク)も参加しているので、ジョージ・デュークの追悼アルバムのようですが「 Celebrating George Duke 」なので「祝 ジョージ・デューク」なんですね。彼の曲も歌ってます。
優しいスキャットから始まります。落着いていて、優しさが滲み出る歌声ですね。アル・ジャロウがジョージ・デュークを偲ぶ優しさが声に溢れてます。両方の大ファンな私は、涙が毀れてしまいます・・・あぁ~もっとジョージ・デュークのコンサートへ、行けば良かった。失礼、アル・ジャロウ最新アルバムのレビューでしたね!私まで感化されてしまった。

◆うれしい事に 96kHz/24bit のハイレゾリューション音源も有ります。

【Track List】
01. My Old Friend (Feat. Gerald Albright)
02. Someday (Feat. Dianne Reeves)
03. Churchyheart (Backyard Ritual) (Feat. Marcus Miller)
04. Somebossa (Summer Breezin’) (Feat. Gerald Albright)
05. Sweet Baby (Feat. Lalah Hathaway)
06. Every Reason to Smile/Wings of Love (Feat. Jeffrey Osborne)
07. No Rhyme, No Reason (Feat. Kelly Price)
08. Bring Me Joy (George Duke, Boney James)
09. Brazilian Love Affair / Up from the Sea / It Arose and Ate Rio in One Swift Bite (Feat. Dianne Reeves)
10. You Touch My Brain (Dr. John)
******************************************************************
Al Jarreau – Composer, Vocals
Mike Cottone – Trumpet
Gerald Albright – Saxophone
Boney James – Programming, Sax Tenor
Patrice Rushen, Greg Phillinganes – Keyboards, Piano
John Beasley – Keyboards
Brandon Coleman – Key Bass, Keyboards
★George Duke – Keyboards, Tributee
Paul Jackson, Jr., Rob Bacon, Jubu – Guitar
Stanley Clarke – Bass, Vocals
Marcus Miller – Bass Clarinet, Bass
Alex Al – Bass
John “J.R.” Robinson, Omari Williams – Drums
Lenny Castro – Percussion
Dr. John, Kelly Price, Dianne Reeves, Lalah Hathaway, Porcha Clay, Patrick Lundquist, Fred Martin, Jeffrey Osborne, Katriz Trinidad – Vocals

※分る方、訳して欲しいです。

adsense PC 用

関連記事

Eddie Higgins - Smoke Gets In Your Eyes

Eddie Higgins – Smoke Gets In Your Eyes (煙が目にしみる) 2002

★★★☆☆ エディ・ヒギンズさんのピアノ・サウンドは、どこかノスタルジーで、聞いていると1960年~

記事を読む

Grover Washington,Jr - Wine Light

Grover Washington,Jr – Wine Light (1980)

★★★★★ SAXの名盤、文句なしの殿堂入りです。アルバム・ジャケットがお洒落なら、曲はそれ以上にお

記事を読む

Anita Baker – Rapture

Anita Baker – Rapture (1986)

★★★★★ 文句なしの殿堂入りです 表紙は2パターンあるみたいなので、アイキャッチと変えてみました

記事を読む

Eddie Higgins – You Don't Know What Love

Eddie Higgins – You Don’t Know What Love Is (あなたは恋を知らない) 2010

★★★☆☆ エディ・ヒギンズのロマンティックなピアノ・ソロ・アルバムです。もう、一曲目から「星に願い

記事を読む

Earth Wind & Fire - 太陽神

Earth, Wind & Fire – All’n All (太陽神) 1977

★★★☆☆ アース・ウィンド&ファイアーで一番好きな曲「Fantasy」が入ったアルバムです。リード

記事を読む

Ray Charles - ELLIE MY LOVE

Ray Charles – ELLIE MY LOVE ~いとしのエリー~(1993)

★★★★★ 文句なし!さすが R & B の大御所、レイ・チャールズ様です。今まで:中島みゆき、山下

記事を読む

Stan Getz, Joao Gilberto -  Getz - Gilberto

Stan Getz, Joao Gilberto – Getz / Gilberto (1964)

★★★★★ 文句なしの殿堂入りです。もう説明なんて不要じゃないか?と思える程の名盤で恐縮してしましま

記事を読む

Bobby Caldwell - What You Won't Do for Love

Bobby Caldwell – What You Won’t Do for Love (1978)

★★★★☆ AORで名を覇せたボビー・コールドウェルのデビュー・アルバムです。レコード店でバイト中に

記事を読む

Shakatak - NIGHT BIRDS 1982

Shakatak – NIGHT BIRDS (1982)

★★★★★ これはShakatak 2枚目のアルバムです。しかし、息の長いバンドですね~今も現役です

記事を読む

Michael Jackson – Xscape (Deluxe Edition)  2014

Michael Jackson – Xscape (Deluxe Edition) 2014

★★★★☆ Michael Jackson は『 Off the Wall 』以来のリアルタイムなフ

記事を読む

adsense PC 用

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

adsense PC 用

OST - アナと雪の女王
アナと雪の女王 デラックス・エディション:全48曲!(2014)

★★★☆☆ 何と!アナと雪の女王 オリジナル・サウンドトラックの Hi

EIGHTH WONDER  - Fearless
EIGHTH WONDER – Fearless + 5 (1988)

★★★☆☆ エイス・ワンダーは1985年にイギリスで結成されたたバンド

Al Jarreau - My Old Friend
Al Jarreau – My Old Friend : Celebrating George Duke (2014)

★★★★☆ カメラ目線ではなく、遠くを見つめて「どうして逝ってしまった

Urban Cookie Collective - High on a Happy Vibe
Urban Cookie Collective – High on a Happy Vibe (1993)

★★☆☆☆ ダンス・サウンドをクリエイトするマンチェスター出身プロジェ

Curtis Mayfield - Curtis
Curtis Mayfield – Curtis (1970)

★★★☆☆ 記念すべきカーティス・メイフィールドのソロ・デビュー・アル

→もっと見る

PAGE TOP ↑