*

中島みゆき トリビュート – Yourself…Myself (1988)

公開日: : 最終更新日:2014/05/23 POP-M, POP-W

★★☆☆☆ Julia Fordham がカバーした「地上の星」を聞きたくて買いました。中島みゆきを全く知らない方が聞けば、心地の良いアルバムで★★★★☆でしょうか。
しかし、リアルタイムで彼女の曲を聞いていた私は、ガッカリでした。
心の広い方は「有り」でしょうが、私的には残念でなりません。
ちゃんと歌手に、中島みゆきの世界と歌詞を伝えて、理解・納得した上でのカバーなら、もう少し違ったんじゃ?と、感じてならないからです。
本当に勿体無い (>_<) 歌唱力の有る大御所の歌手が、余りにサラリと彼女の世界を歌ってしまった。その声には心・思い・熱い魂が抜けている感が、拭えませんでした (T_T) 中島みゆきファンやオリジナル曲を聞いている・知っている人なら★☆☆☆☆や★★☆☆☆でも、仕方のない事です。 えっ、中島みゆきを知らないって?じゃあ「買い」でしょ!ある意味「幸せ」ですよ。
【Track List】
01.Wonders Song (旅人のうた)/ シャンテ・ムーア
02.A Time (Great Circle Song) (時代)/ アル・ジャウロ
03.Bitter Rain (Between The Sky And You) (空と君のあいだに)/ ヴァレリー・カーター
04.The Parting Song (わかれうた)/ メイザ・リーク
05.Another Name Of Life (命の別名)/ チェリー・カーリー
06.Earthly Stars (unsung heroes)(地上の星)/ ジュリア・フォーダム
07.Restless Slumber (浅い眠り)/ エミリー・ヤング
08.I’ll Do Anything (An Affection Tale) (愛情物語)/ エリザベス・ウォルフグラム
09.Headlight Taillight (ヘッドライト・テールライト)/ ジャニズ・イアン
10.Tomorrow(あした) / モーリス・ホワイト
11.Portrait in Loneliness(孤独の肖像)/ デビー・ギブソン
【独り言】
・Chante Moore:彼女の歌声は優しい。是非、聞いてみましょう。
 Preciousから、どうぞ~です。

・Al Jarreau:5オクターブ出るスーパーボイスでスキャットが最高!
 「Jarreau」と「L is for Lover」は、お薦めです。

 彼が好きなら Tania Maria の「Taurus」も、お薦めです。

・Julia Fordham:デビューからリアルタイムの大ファンですが、カバー曲は中島みゆきに遠く及ばない。彼女を知りたい方は 「Porcelain」と「1st:Julia Fordham」が、お薦めです。

◆やっぱりオリジナル:中島みゆきは素晴らしい!!魂の歌声です。現役で凄いと思う女性歌手は、彼女と松任谷由美(演歌歌手を除いて)です。どちらも息が長い。

adsense PC 用

関連記事

Electric Light Orchestra - Discovery

Electric Light Orchestra – Discovery (1979)

★★★★★ 文句なしの殿堂入りです。Electric Light Orchestra のアルバムはコ

記事を読む

Steely Dan - Gaucho

Steely Dan – Gaucho (1980)

★★★★☆ ちょっと辛口だったかな?膨大な制作費で一流ミュージシャンを楽曲毎に配して制作されたという

記事を読む

Guerlain

Nancy Sinatra – These Boots are Made For Walkin’ (1966)

★★★☆☆ CHANEL - COCO MADEMOISELLE のCMに触発されて思い出したのが「

記事を読む

Karla Bonoff - Wild Heart of the Young

Karla Bonoff – Wild Heart of the Young (麗しの女~香りはバイオレット) 1982

★★☆☆☆ カーラ・ボノフのサード・アルバムで、彼女が大ブレイクしたアルバムじゃないかな?Sony

記事を読む

France Gall - Poupee De Son

France Gall – Poupee De Son (1965)

★★★☆☆ French POP では外せない一枚でしょう。「夢見るシャンソン人形」は三菱自動車、サ

記事を読む

Paul Davis - Cool Night

Paul Davis – Cool Night (1981)

★★★☆☆ ポール・デイヴィス= AOR と認識させたアルバムと言って良いでしょう。 しかし、日本

記事を読む

Donald Fagen – The Nightfly (1982)

Donald Fagen – The Nightfly (1982)

★★★★★ 文句なしの殿堂入りです。もう HP のヘッダにするぐらい気に入ってるアルバムです。リアル

記事を読む

Steely Dan - Aja

Steely Dan – Aja (彩) 1977

★★★★☆ ちょっと辛口だったかな?全米:3位、全英:5位の売上げを記録し、スティーリー・ダンのアル

記事を読む

Linda Ronstadt – What's New

Linda Ronstadt – What’s New (1983) と Lush Life (1984)

★★★☆☆ リンダ ロンシュタットのアルバムで一番しっとりと歌い上げたアルバムです。ジャスのスタンダ

記事を読む

Madonna - Like A Virgin

Madonna – Like A Virgin (1984)

★★★★☆ MADONNAのセカンド・アルバムです。もう、一気にメジャーへと押上げた記念すべきアルバ

記事を読む

adsense PC 用

Comment

  1. なお より:

    ジャニズ・イアンのヘッドライト・テールライトはいかがですか?僕にとってみゆきは女神ですが、イアンがすきでどうしても聞いてみたいと思っていたんです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

adsense PC 用

OST - アナと雪の女王
アナと雪の女王 デラックス・エディション:全48曲!(2014)

★★★☆☆ 何と!アナと雪の女王 オリジナル・サウンドトラックの Hi

EIGHTH WONDER  - Fearless
EIGHTH WONDER – Fearless + 5 (1988)

★★★☆☆ エイス・ワンダーは1985年にイギリスで結成されたたバンド

Al Jarreau - My Old Friend
Al Jarreau – My Old Friend : Celebrating George Duke (2014)

★★★★☆ カメラ目線ではなく、遠くを見つめて「どうして逝ってしまった

Urban Cookie Collective - High on a Happy Vibe
Urban Cookie Collective – High on a Happy Vibe (1993)

★★☆☆☆ ダンス・サウンドをクリエイトするマンチェスター出身プロジェ

Curtis Mayfield - Curtis
Curtis Mayfield – Curtis (1970)

★★★☆☆ 記念すべきカーティス・メイフィールドのソロ・デビュー・アル

→もっと見る

PAGE TOP ↑