*

Stan Getz, Joao Gilberto – Getz / Gilberto (1964)

公開日: : 最終更新日:2014/08/04 Bossa Nova, High Resolution, Jazz

★★★★★ 文句なしの殿堂入りです。もう説明なんて不要じゃないか?と思える程の名盤で恐縮してしまします。出会いは単に表紙が気に入って買ったジャケ買いした。
何も知らずに CD の PLAY ボタンを押して・・・良いね~なんか心が落ち着く・・・なんて思ってました。後に、スタン・ゲッツ、ジョアン・ジルベルト、アストラッド・ジルベルトで作ったジャズ・ボサの傑作と知りました。だから Jazz も Bossa Nova も、何も知らずに聞いても大丈夫です。これが Bossa Nova ?と感じたら、皆さんも同じ様で Jazz Bossa になってます。まっ、心地良ければジャンルは拘りませんけどね (^^♪

【Track List】
1. イパネマの娘
2. ドラリセ
3. プラ・マシュカー・メウ・コラソン
4. デサフィナード
5. コルコヴァード
6. ソ・ダンソ・サンバ
7. オ・グランジ・アモール
8. ヴィヴォ・ソニャンド
9. イパネマの娘(別テイク)
10. コルコヴァード(シングル・ヴァージョン)

◆このシリーズは e-ONKYO の 192kHz/24bit のハイレゾリューション音源が有ります。

Getz / Gilberto
Getz-Gilberto

◆グラミー賞にも輝いた、ジャズ史上に輝く大ヒット作で、ゲッツ初のボサ・ノヴァ集:Jazz Samba
Jazz Samba

Jazz Samba Encore!
21521_01_digi

Getz/Gilberto #2
21817_01_Digi

◆洒落たアレンジをバックに、ゲッツがボサ・ノヴァの名曲をクールに奏でる、大人のイージー・リスニング・アルバム:Big Band Bossa Nova
Big Band Bossa Nova

Stan Getz With Guest Artist Laurindo Almeida
21527_01_digi

adsense PC 用

関連記事

Viktor Lazlo - Club Desert

Viktor Lazlo – Club Desert (1989)

★★☆☆☆ ジャケットの雰囲気通りセクシーな歌声です。白黒で美女のジャケット=ジャケ買いでした。白黒

記事を読む

Various - Bossa N' Stones  Vol.1-2

Various – Bossa n’ Stones Vol.1 & Vol.2 (2007)

★★☆☆☆ たくさんのアーチストが「The Rolling Stones」をBossa Nova で

記事を読む

Various - Bossa n' Remixes

Various – Bossa n’ Disco(2011)

★☆☆☆☆ 色々なアーチストのボサノバ・カバーが聞けます。ただ Bossa n' のシリーズの中で「

記事を読む

Steely Dan - Aja

Steely Dan – Aja (彩) 1977

★★★★☆ ちょっと辛口だったかな?全米:3位、全英:5位の売上げを記録し、スティーリー・ダンのアル

記事を読む

Al Jarreau - My Old Friend

Al Jarreau – My Old Friend : Celebrating George Duke (2014)

★★★★☆ カメラ目線ではなく、遠くを見つめて「どうして逝ってしまったんだよ、ジョージ・・・」的な、

記事を読む

Clementine - Animentine : Bossa Du Anime [Limited Edition]

Clementine – Animentine : Bossa Du Anime [Limited Edition] 2010

★★★☆☆ やっぱりクレモンティーヌを日本人に知らしめた、このアルバムは外せないかな~です。アニメ・

記事を読む

Clementine - LONG COURRIER

Clementine – LONG COURRIER (1993)

★★★☆☆ クレモンティーヌが French POP(Bossa Nova)とは知らず、単に黒い C

記事を読む

BASIA – London Warsaw New York

BASIA – London Warsaw New York (1990)

★★★★☆ Matt Bianco の「探偵物語」で BASIA を知ってから、ソロになっても追っか

記事を読む

Various - Bossa N' Roses

Various – Bossa n’ Roses (2006)

★★☆☆☆ 女性アーチストが、ガンズ・アンド・ローゼズをボサノバでカバーしたアルバムです。この「Bo

記事を読む

Grover Washington,Jr - Wine Light

Grover Washington,Jr – Wine Light (1980)

★★★★★ SAXの名盤、文句なしの殿堂入りです。アルバム・ジャケットがお洒落なら、曲はそれ以上にお

記事を読む

adsense PC 用

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

adsense PC 用

OST - アナと雪の女王
アナと雪の女王 デラックス・エディション:全48曲!(2014)

★★★☆☆ 何と!アナと雪の女王 オリジナル・サウンドトラックの Hi

EIGHTH WONDER  - Fearless
EIGHTH WONDER – Fearless + 5 (1988)

★★★☆☆ エイス・ワンダーは1985年にイギリスで結成されたたバンド

Al Jarreau - My Old Friend
Al Jarreau – My Old Friend : Celebrating George Duke (2014)

★★★★☆ カメラ目線ではなく、遠くを見つめて「どうして逝ってしまった

Urban Cookie Collective - High on a Happy Vibe
Urban Cookie Collective – High on a Happy Vibe (1993)

★★☆☆☆ ダンス・サウンドをクリエイトするマンチェスター出身プロジェ

Curtis Mayfield - Curtis
Curtis Mayfield – Curtis (1970)

★★★☆☆ 記念すべきカーティス・メイフィールドのソロ・デビュー・アル

→もっと見る

PAGE TOP ↑