*

Larsen-Feiten Band – FULL MOON (1983)

公開日: : Fusion

★★★☆☆ 当時 FM Tokyo から新作アルバムの紹介で流れてきた曲を聞いて即、気に入りました。それで LP を買った記憶があります。ライナーノーツのインタビューで「このジャケットは月で撮ったんだ」と、冗談を言ってました。
休日の夕暮れ時に流すには、もってこいの音楽じゃないかな?気分転換したい時にも、どうぞな~サウンドです。因みに二ール・ラーセン、バジー・フェイトン、レニー・カストロ= Larsen-Feiten Band なので Band 名は変れど Jazz Express シリーズの CD も同様に好きです。
※彼らは3枚の「FULL MOON」アルバムを発表してます。もし間違えて買っても後悔はしないと思うので~いっか!
・FULL MOON – FULL MOON
・Larsen-Feiten Band – FULL MOON
・Buzz Feiten & The New Full Moon

◆下の YouTube は山下達郎の愛聴盤と言われていた幻の「FULL MOON」1st アルバムのジャケットです。知らぬ間に再販(初 CD 化)されました。YouTubeへアップされた方、写真を間違えたのか故意なのか?だ。曲はLarsen-Feiten Band の 2nd FULL MOON の6曲目「Sierra」です。

◆1984年6月3日:中野サンプラザのコンサートへ行きました。後半にパーカッショニストのレニー・カストロが「Little Cowboy」を10分以上もソロ演奏した記憶があります。その間、メンバーは裏に引込んでました。彼、その世界では有名人で TOTO:アイソレーションのコンサートでも来日(1985/2/27)してました。(行きました)

【Track List】
1 Phantom of the Footlights 4:13
2 The Visitor 4:38
3 Twilight Moon 3:56
4 Sierra 4:34      ★
5 Brown Eyes 3:29
6 Hero’s Welcome 4:30
7 Standing In Line 4:05
8 Little Cowboys 3:58

◆なんと Larsen-Feiten Band の1st と2nd の Full Moon が1枚になった、お得盤があります。私なら、こちらを買います・・・いい時代で羨ましいです。

◆長らく幻だった「FULL MOON」の1st アルバム

※紙ジャケット仕様は1曲 Bonus Track 9.JAM が増えてます。

◆バジー・フェイトン&ニュー・フル・ムーン

adsense PC 用

関連記事

Jazz Express - The Songs Of Madonna

Jazz Express – The Songs Of Madonna (1992)

★★★☆☆ 先ず、演奏者のクレジットを御覧下さい・・・て CD が手元に無いと、分かりませんよね ^

記事を読む

George Duke - GUARDIAN OF THE LIGHT 1983

George Duke – GUARDIAN OF THE LIGHT (1983)

★★★★★ もう殿堂入りを通り越して★★★★★★★にしたい超々名作です。1曲目は TV のオープニン

記事を読む

Bob James - TOUCHDOWN

Bob James – TOUCHDOWN (1978)

★★★★☆ ボブ・ジェームス( Bob James )のアルバムはコンプリートだと思います。(Fou

記事を読む

Bob Baldwin - Never Can Say Goodbye

Bob Baldwin – Never Can Say Goodbye (2010)

★★★☆☆ ボブ・ボールドウインは好きなピアニストで、良く聞いてます。これは故:Michael Ja

記事を読む

高中正義 - SEYCHELLES

高中正義 – SEYCHELLES (1976)

★★★☆☆ 高中正義のソロ・デビュー・アルバムです。収録曲で歌詞が付いた3曲は全て、高橋ユキヒロさん

記事を読む

Chuck Mangione – Feel So Good 1977

Chuck Mangione – Feel So Good (1977)

★★★★★ 文句なし殿堂入りです。 Jazz系のSAXとは違うFusion、Smooth Jazz

記事を読む

Bill Evans - Affinity

Bill Evans – Affinity (1978)

★★★★★ 文句なしの殿堂入りです。ビル・エヴァンス名義のアルバムですが、トゥーツ・シールマンスのア

記事を読む

CASIOPEA - Mint Jams 1982

CASIOPEA – Mint Jams (1982)

★★★★☆ コアなファンは初期の1st~3rdが好きですね。もしCASIOPEAで1枚だけ選べ!と言

記事を読む

Earl Klugh - Dream Come True (1980)

Earl Klugh – Dream Come True (1980)

★★★★★ 文句なしの殿堂入りです。彼のアルバムで一番の、お気に入りです。しかし、残念な事に Ear

記事を読む

Nils - Up Close & Personal (2009)

Nils – Up Close & Personal (2009)

★★★☆☆ ニルス(Nils) を初めて聞いたアルバムです。それまで全く彼を知りませんでした。でも心

記事を読む

adsense PC 用

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

adsense PC 用

OST - アナと雪の女王
アナと雪の女王 デラックス・エディション:全48曲!(2014)

★★★☆☆ 何と!アナと雪の女王 オリジナル・サウンドトラックの Hi

EIGHTH WONDER  - Fearless
EIGHTH WONDER – Fearless + 5 (1988)

★★★☆☆ エイス・ワンダーは1985年にイギリスで結成されたたバンド

Al Jarreau - My Old Friend
Al Jarreau – My Old Friend : Celebrating George Duke (2014)

★★★★☆ カメラ目線ではなく、遠くを見つめて「どうして逝ってしまった

Urban Cookie Collective - High on a Happy Vibe
Urban Cookie Collective – High on a Happy Vibe (1993)

★★☆☆☆ ダンス・サウンドをクリエイトするマンチェスター出身プロジェ

Curtis Mayfield - Curtis
Curtis Mayfield – Curtis (1970)

★★★☆☆ 記念すべきカーティス・メイフィールドのソロ・デビュー・アル

→もっと見る

PAGE TOP ↑