*

Greg Phillinganes – Pulse (1984)

公開日: : 最終更新日:2014/07/17 Fusion

★★☆☆☆ グレッグ・フィリンゲインズは Stevie Wonder、Quincy Jones、Eric Clapton、TOTO 等の Back Band で活躍したキーボード奏者です。1984年のセカンド・アルバムですが、紙ジャケ仕様は Bonus Track が増えてます。
マイケル・ジャクソンの『スリラー』に収録される予定だった「 Behind the Mask 」ですが、元々は YMO のオリジナル曲です。この曲はスローで大人しめなCM曲 Ver もあります。
かなり忠実にオリジナルをカバーしているのでビックリです。でも、生声にはブラコン魂が入ってます。しかもマイケルの「チカちゃん」も入っていて、少し意識した感じがします。是非 Michael Jackson に YMO を歌って欲しかったですね・・・残念!それと、ジョージ・デューク( George Duke )的なサウンドも少し入ってますが、彼よりサラリ(サッパリ~かな?)と聞かせてくれるます。
また Donald Fagen の「 Lazy Nina 」と、話題性に欠かないアルバムです。良くも悪くも80年代のノスタルジーに浸れる Fusion アルバムです。

【Track List】
01. Behind The Mask
02. Won’t Be Long Now (With The Pointer Sisters)
03. Playin’ With Fire
04. I Have Dreamed
05. Come As You Are
06. Lazy Nina
07. Signals
08. Countdown To Love
09. Shake It
【Bonus Track】
10. Behind The Mask (12″ Version)
11. Playin’ With Fire (12″ Version)
12. Only You
13. Behind The Mask (Instrumental)
14. Playin’ With Fire (Instrumental)
15. Behind The Mask (Single Version)

◆声はGreg Phillinganes です!

◆まんま Donald Fagen のメロディです。

◆Behind The Mask の作曲者:坂本龍一さん、中咽頭癌で話題になってます。治療に専念との事、元気になって欲しいですね。

adsense PC 用

関連記事

James Taylor Quartet - In The Hand of The Invitable

James Taylor Quartet – In The Hand of The Invitable (1995)

★★★★★ 殿堂入り Acid Jazz アルバムです。もう1曲目から、のめり込んでしまいました。こ

記事を読む

Grover Washington,Jr – Come Morning

Grover Washington,Jr – Come Morning (1981)

★★★★☆

記事を読む

Tom Coster - Ivory Expeditions

Tom Coster – Ivory Expeditions (1982)

★★★☆☆ トム・コスターのソロ・デビュー・アルバム「T. C. (1981年)」とセカンド・アルバ

記事を読む

Ken Muramatsu - Still Life in donuts 1983

村松健 – Still Life Donuts (1983)

★★★★☆ 知る人ぞ知る?村松健さんデビュー・アルバムにして幻となってしまった?名盤です。 当時、

記事を読む

Bob Baldwin - Never Can Say Goodbye

Bob Baldwin – Never Can Say Goodbye (2010)

★★★☆☆ ボブ・ボールドウインは好きなピアニストで、良く聞いてます。これは故:Michael Ja

記事を読む

George Duke – DREAM ON 1982

George Duke – DREAM ON (1982)

★★★★☆ ジョージ・デュークはキャノンボール・アダレイ、クインシー・ジョーンズ、フランク・ザッパ、

記事を読む

Grover Washington,Jr - Wine Light

Grover Washington,Jr – Wine Light (1980)

★★★★★ SAXの名盤、文句なしの殿堂入りです。アルバム・ジャケットがお洒落なら、曲はそれ以上にお

記事を読む

Jeff Beck – Wired (1976)

Jeff Beck – Wired (1976)

★★★★☆ こんどは「Boots」という文字に反応してしまいました。ジェフ・ベックは高校生時代に良く

記事を読む

Nils - Up Close & Personal (2009)

Nils – Up Close & Personal (2009)

★★★☆☆ ニルス(Nils) を初めて聞いたアルバムです。それまで全く彼を知りませんでした。でも心

記事を読む

David Benoit - Heroes

David Benoit – Heroes (2008)

★★★☆☆ David Benoit を初めて聞いたら嵌ってしまいましたね。このアルバムはデビッド・

記事を読む

adsense PC 用

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

adsense PC 用

OST - アナと雪の女王
アナと雪の女王 デラックス・エディション:全48曲!(2014)

★★★☆☆ 何と!アナと雪の女王 オリジナル・サウンドトラックの Hi

EIGHTH WONDER  - Fearless
EIGHTH WONDER – Fearless + 5 (1988)

★★★☆☆ エイス・ワンダーは1985年にイギリスで結成されたたバンド

Al Jarreau - My Old Friend
Al Jarreau – My Old Friend : Celebrating George Duke (2014)

★★★★☆ カメラ目線ではなく、遠くを見つめて「どうして逝ってしまった

Urban Cookie Collective - High on a Happy Vibe
Urban Cookie Collective – High on a Happy Vibe (1993)

★★☆☆☆ ダンス・サウンドをクリエイトするマンチェスター出身プロジェ

Curtis Mayfield - Curtis
Curtis Mayfield – Curtis (1970)

★★★☆☆ 記念すべきカーティス・メイフィールドのソロ・デビュー・アル

→もっと見る

PAGE TOP ↑